その症状は脳の病気かも|重症化する前に自分を救え!

笑顔

脳と繋がる精神病

脳と精神病の関係性

医者

心の病だと言われる精神病にも様々な種類のものがありますが、その殆どの病に脳が関係してると言えます。脳には見る、聞く、触るの他にも喜怒哀楽等の感情にも関係しており人を作り出している中心部でもあります。そして人それぞれ違う環境を生きていく事で脳に記憶として残る情報や様々な事柄に対しての脳内の処理機能が一人一人違うものとなります。そしてこの人間の中心部ともなる脳が病気になる場合もあり脳に直接ダメージを与えてしまうものとして頭部外傷、脳梗塞、脳内出血、くも膜下出血等があります。この様な脳の病気が発症してしまえば死に至る場合もあれば後遺症が残される場合もあります。そしてもう一つが精神が関係する脳の病気です。精神は脳と繋がっており時に精神病は脳の病気とも呼ばれており統合失調症、パーソナリティー障害、鬱病がその部類に入ります。そしてこれらの精神病は脳内には異常は見られませんが明らかに外面に症状が現れます。精神病の中で一番やっかいだと言われる統合失調症は独り言や妄想、幻聴、幻覚を発症し、社会生活を送る事が出来なくなってしまいます。しかしこれらの脳の病気は誰しも発症する可能性でもありますから日常的に予防をする為の工夫が必要となってきます。まず脳梗塞等の脳自体に発症する病を防ぐには食生活の工夫が最も効果的だとされています。そして精神から発症する脳の病気を防ぐ為には日常的に心にストレスを溜めない日常生活の工夫が必要となります。上手く自分自身の精神のコントロールさえ出来れば発症する事は無くなります。

様々な脳の病の特徴

脳がダメージを受けた場合には、生命に関わる危険性もあり大きな後遺症を残す危険性があります。脳梗塞や脳内出血、くも膜下出血等の脳の病気の特徴は、ある日突然引き起こされます。痺れや、目の焦点が上手く合わない等の前兆がある場合もありますが、食事中や運転中等何の前触れもなく引き起こされるケースも多いのが特徴です。自前に定期検診で今後発症する可能性は無いのかを検査をして貰い早期発見に勤める事で突然の発症を予防する事も可能です。そして精神病が関係している場合の脳の病気では統合失調症、鬱病、パーソナリティー障害等がありますが、どの病も心の異常が原因として発症する病ですからどの病も精神病ならではの特徴的な症状を持っています。幻覚、幻聴、妄想、感情の起伏が激しい、異常な執着、怒りを抑えられない等がありますが、これらは全て自身の心が作り出す感情が関係している事が分かります。人は心に強く重いストレスが掛かってしまった場合に脳になんらかの異常をきたし精神病を発症するのでは無いかと考えられています。脳には何の異常も見られ無いが心に強くストレスが掛かってしまう事で脳が作り出す人格にまで悪影響を与えてしまうのです。

Copyright©2015 その症状は脳の病気かも|重症化する前に自分を救え! All Rights Reserved.